借金を法的に減らすには

債務整理とは多額の借金を抱えてしまい、借金の利息すら返済することがままならなくなったような場合に、法律によって債務者を再生させる方法のことです。

 

債務整理というと、破産が最初に思い浮かぶかもしれませんが、破産だけでなく、任意整理や特定調停など、破産をすることなく借金を減らす方法もあります。

 

また、これらの、破産や個人民事再生、任意整理など、どの債務整理の手続きをとっても共通していることは、自分の債務額を正確に把握する必要があることです。正確な債務額とは法にのっとった利息で引き直して計算された債務のことです。

 

そのため、高い利息は無効になる可能性があります。それは、お金の貸し借りについては利息制限法という法律が貸主にとってもよい利息の上限を定めて、これらの制限に違反する部分については無効であると定められているからです。

 

しかし、利息制限法の規定には罰則がないため、現実では消費者金融だけでなく多くの信販会社の金利でさえも、利息制限法の制限を超える高利のところがほとんどでした。

 

現在では、グレーゾーン金利の廃止やみなし弁済規定の廃止などの法改正がおこなわれていますが、債務整理では、法改正前の貸付分などもあるため、正確な債務額を把握するために、必ず引き直し計算が行われています。