借りるのであれば金利に対する利息を支払うのは当然と言える

金利って皆様はどのようにお考えでいらっしゃいますか?私は金利自体はまったくの無駄だとは考えていないタイプです。どうしてもお金が必要な時にキャッシングでありカードローンであるというわけですから、致し方ない出費あるいは経費だと考えているからです。

 

勿論、私たちが借りる側ではなく、預ける側であれば金利が高いに越した事はありません。預けるだけで利子が付くのであれば万々歳です。このように自分が借りる側なのか、預ける側(貸す側)なのかによって金利の考え方というのは変わってくるわけです。

 

今回はあなたが急にお金が必要となって借りる場合について考えて見ましょう。今はキャッシングは自宅にいながら出来る時代となりました。金利も勿論ついて来ます。しかし、どうでしょう。その金利も時と場合によっては高いとは言えないケースもあります。例えば、自宅から出ないで借り入れが出来る場合と最寄の銀行なり消費者金融なりに出掛けなければならない場合です。

 

後者は交通費などが掛かります。金利を払うだけの方が安く済むというケースもあるでしょう。同じ事がATMにもいえますね。コンビニの手数料は105円なり210円は勿体無いと思うのに、結局出掛けると交通費やなんだで無駄にお金を使ってしまう事になるという事例と似ています。

問題はいかにして利息を抑えるか

利息の支払いが仕方ないものとしても、出来ることなら返済時に支払うべき利息の金額を小さく抑えたいと思うものです。
大きな金額の借り入れになると利息も高くなり、長い期間の借り入れとなれば同じく利息も高くなりますので、返済の負担を軽くするのであれば小さな金額を短期間での借り入れに留めるなどの工夫も必要となってきます。

 

金利を抑えて借りるなら消費者金融よりも銀行が優れており、中でも低金利で借りられると評判のおまとめにも頼れるオリックス銀行であれば、消費者金融からの乗り換えとしても人気です。