銀行などの金融機関は利息で商売をしている

利息について詳しく知ろうと思うならば、銀行の利益を出す仕組みについて知っておかなくてはいけません。銀行とは、お客様から預けてもらったお金を、企業などに貸し出すことによって利息分にて利益を生み出しているのです。私たちが銀行に預けていると利息分がついてそれがもらえるのは、そういった仕組みがあるからなんです。

 

利息の計算方法もあります。自分が預けている銀行の金利の種類や利率によっても変わってきますので、まずはそういったところを調べる所から始まります。利率も銀行によっていろいろですから、より利率の良い所を選んで預けることで、利潤が多くなりますね。金利の種類はいくつかありますので、あなたの銀行がどういった仕組みを取っているのか説明書きなどをよく読んで確認しましょう。

 

まずは単利なのか複利七日によっても違います。そして、固定金利なのか変動金利なのかによっても変わってきます。固定ではなくて変動だった場合には、毎月一定でよいわけではなく、その都度算出して行くという形になります。このように、いろいろな種類がありますから、色々な会社を見比べて自分にとって条件のよい利息のところと契約するのが良いのではないでしょうか。

キャッシングの利息は業者の儲け

消費者金融などでは、お金を借りると安くはない利息を取られることがあります。
業者が抱えるリスクが利息に反映されると言ってもよいので、担保も保証人も取らない消費者金融のキャッシングにおいては、高い利息を取らないと高いリスクに見合う貸し付けが出来ないのです。
その点、貸す前の審査を慎重に行う銀行の方が、リスクも少ないので金利も下がり、利息も小さいと言えるのです。