各社が定める審査基準や融資基準に満たないと審査落ちとなる

即日融資の申し込みをしたのに審査により断られることがあります。審査の基準は安定収入があって返済能力があるかどうかです。そのため調べられる内容はまずは職業です。無職の場合はかなりきついと言って良いでしょう。ただし、アルバイトをしている場合や主婦などで配偶者に一定の収入がある場合、学生などは通る場合もあります。

 

反社会的組織に属している場合も難しいでしょう。同業者や弁護士はノウハウ流失や係争リスクがあるので厳しい傾向があります。勤務先がしっかりとしていても欠勤が多かったり長期休養の多い人は仕事を辞めてしまうリスクが高いので難しいこともあります。次に意外なことに固定電話がない場合も連絡手段がなくなる可能性があると敬遠されます。

 

住所不定や家出中の人はいうまでもありません。ブラックリストに載っている人も勿論ダメです。複数の金融会社から借入をしている場合も不利に働きます。1件に高額借りている場合よりも、件数を重要視するところが多いようです。返済の余力がどのくらいあるかを推し量っています。このように審査が通らないには企業側から返済能力が低いと判断される理由があるのですが、審査が通らないからといって、審査なしの企業から借りるのは大変危険です。

借り入れ先によっても異なる審査の基準を知る

銀行は審査が最も厳しいとされており、メガバンクのカードローンは低金利で借りられるメリットはありますが、審査になかなか通らないので金利の低い借り入れの良い点をあまり活用できません。
消費者金融は銀行よりも審査基準が低くなっていますが、金利が高く借り入れ限度額も大きくはならないので、まとまった融資にはあまり向いていないと言えるのです。
各社の情報をしっかりと集め、検討し、自分に合う借り入れをするようにしましょう。